三便宝の個人輸入

三便宝の個人輸入

個人輸入を有効活用するために、読んでください。

 

■個人輸入と輸入代行について

例えば海外旅行で買い物をして持ち帰るのも、個人輸入に似ています。違法品や生モノを除いて、個人の使用する常識範囲の数量において、日本への持ち込みは通関手続きや検疫が免除されています。

日本では一般的に販売されていない海外の製品を、インターネットやレターでオーダーし、国際郵便小包で取り寄せる方法は、昔から利用されてきた「個人輸入」の手法です。

しかし、海外のメーカーや流通は、現地国だけにしか販売していないケースや、少量の個人輸入の荷づくりに応じていないケースがあります。

そこで、代わりに品モノの手配や荷づくり発送業務を行うのが、「個人輸入代行」です。 当店は「個人輸入代行」からさらに一歩進んで、お客様に変わって良い品だけを選ぶ仕事をしています。

 

■本サイトで取り扱う商品分類

本サイトで紹介する品は、中国では「健康食品」の分類となります。しかし、日本の通関の判断により、成分や用法や形状から「医薬品」と分類されることがあります。

「医薬品」は取り扱いに知識を要するものがあるので、規制がやや厳しくなりますが、基本的にはあくまでも個人の責任において使用するかぎり、輸入が認められています。

 

■医薬品や化粧品などのきまり

再販売の目的があって入手する品には、検疫や通関手続きが必要です。医薬品、医薬部品外、化粧品、又は医療用具を日本で販売するためには、薬事法によって、厚生大臣の許可が必要です。また、食品の輸入には、食品衛生法(食品一般)と植物防疫法(穀物、果物、豆類等)家畜伝染病予防法(肉類等)に基づく審査や検査等が義務づけられています。

個人輸入品として入手した品を、不特定多数の人に転売するのは違法になります。

 

■個人輸入の数量制限

個人輸入には数量の制限があります。

それぞれの品によって異なるので、当店でご注文いただける数量と荷づくりの数を調整しています。 以下は参考までに記しておきます。

要指示薬1カ月分※医師の相談が必要なもの
医薬品2カ月分※医薬部外品とは:養毛剤、浴用剤など人体への作用が緩やかなもの
外用剤(要指示薬は除く)1カ月分 24個まで
※外用剤とは:軟こう、点眼剤など
※要指示薬とは:使用にあたって医師の指示が必要な医薬品
ビタミン剤・サプリメント4カ月分(当店の商品では、栄養補助食品系のものが該当します)
化粧品1品目24個まで
医療用具1セット(家庭用のみ)