インドの特許特殊事情

インドの特許特殊事情

どうして国際的に特許の切れていない時期から、バイアグラ・レビトラ・シアリスのジェネリックがインドから発売されるのかと言いますと、インド国内では1999年の法改正がされるまでは2005年まではインド国内の特許法では『医薬品は特許として認められていません』でした。

 

つまり、特許有効期間内であっても、インド国内では堂々とジェネリック医薬品として海外の医薬品をジェネリック医薬品として製造・輸出することが出来ていました。

また、2005年以降は、インドの特許庁で医薬品の特許が認められるようになったのですが、 「合理的な実施料」を特許権を有する製薬メーカーに支払うことで同薬を生産及び販売し続けることができることが許されており、これに対して特許権を所持しているメーカーは損害賠償請求などの訴訟を起こすことはできないという法律があるのです。

また、インドで医薬品の特許を取る事は現実的には困難で、申請しても重要な新薬特許は、ほぼ例外なく地場メーカーやNGOによる異議申立の対象となり、特許が認められません。

 

また一方で、 国境なき医師団の活動にはインド製のジェネリック医薬品が数多く使われています。理由は安くて品質がいいからです。国境なき医師団の活動はインドのジェネリック医薬品に支えらえているといっても過言ではありません。

これにより、世界各国で安価な医薬品が入手できるようになっています。インド製のエイズ(HIV)治療薬は今や世界各地で必要不可欠となっています。

世界のジェネリック医薬品の5分の1はインドの製薬会社で作られていると言われています。

このような状況の中で、インドからジェネリック医薬品が発売されることは世界的にも仕方のない事だと、黙認されているのが現状です。

また同時に東南アジアの貧しい地域からこの模造品が多く生産されており日本でED治療薬を個人輸入するときに偽物が入って来ます。個人輸入代行の会社にもこの模造品を多く扱うところが存在しており、信頼できる会社よりインドの良質なジェネリック医薬品を買うことが非常に大切です。

当サイトでは、信頼できる個人輸入代行会社をご紹介していますので、そちらでお買い求め頂ければ間違いはありません。